うさぎ

健康管理

健康診断

集団予防

子犬の病気

老犬の病気

ウサギの病気

子猫の病気

老猫の病気

ハムスターの病気

フェレットの病気

小鳥の病気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        八王子の動物病院、大門動物病院サイトマップリンク

        子犬の病気

子犬は成犬に比較して体の抵抗力が弱いため感染症にかかりやすく、また重傷になりやすい傾向があります。とくに購入後の一週間は環境の変化によるストレスで病気にかかりやすくなるので注意が必要です。
また、成犬に比較して寝る時間も長いので温度の管理に注意し触り過ぎて疲れさせないようにしましょう。
いたずらで活発な子犬は異物を飲み込んだり電気のコードを噛んだりする事もあるので子犬の回りに危険な物がないように注意して下さい。
子犬は食欲がなかったり下痢や吐き気の為に食事がうまくとれないだけで成犬ではあまりおこらない低血糖になりけいれんを起こしたりする事もあります。
子犬を良く観察して異常に気がついたら早めに動物病院に相談しましょう。

  子犬

子犬の健康管理

  目の病気

目やにや涙が異常に出ていないか、赤くなったり傷がついたりしていないか。
目を細めたりしばしば瞬いたりしていないか。

  呼吸器

鼻水が出ていないかくしゃみや咳が出ていないか
口臭がしたり粘膜の色に変化がないか

  耳の病気

痒がらないか、汚れがあったりにおいがないか 

  皮膚の病気

強いかゆみがないか、ふけや湿疹がないか 

  消化器の病気

下痢や吐き気はないか食欲はあるか

 

他に少しでも気になるところががあるようなら早めに動物病院に御相談下さい。