うさぎ

健康管理

健康診断

集団予防

子犬の病気

老犬の病気

ウサギの病気

子猫の病気

老猫の病気

ハムスターの病気

フェレットの病気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        八王子の動物病院、大門動物病院サイトマップリンク健康診断

動物は言葉で不調を訴える事ができません
病気の予防早期発見には定期的な検査がとても重要です。
犬や猫では6~7歳、フェレットやウサギでは4〜5歳で人の中高年にあたる年齢となり人の成人病にあてはまる病気の発生が動物でも多く見られるようになります。
また、人に比べて歳をとるスピードが速いため
一年に一回の健康診断でも人で考えると4年から5年に一度の計算になります。
4歳までは年一回、5歳以上の動物は年2回程度の健康診断をおすすめしています。

 

当院では年齢別に下記のような項目をおすすめしています。

 全年齢対象  血液検査・尿検査・便検査

 3歳以上   上記検査+レントゲン検査

 4歳以上    上記検査+超音波検査+歯科検診

 

さらに、気になる症状が有る場合は部位別の検査として下記の検査を行っています。

 循環器系   レントゲン検査・心電図検査・心エコー検査

 眼科     眼圧測定・スリットライト検査・眼底検査

 皮膚科    毛検査・培養検査・病理検査・アレルゲン検査・ホルモン検査

 消化器系   内視鏡検査・バリウム造影検査・超音波検査

 腫瘍科    レントゲン検査・超音波検査・内視鏡検査・病理学的検査

 

      

                                うさぎ